堕ちた“現代のベートーベン” 「佐村河内守事件」全真相

2014年2月、『週刊文春』に一本のスクープ記事が掲載された。
全聾の天才作曲家と称揚され、NHKスペシャルが取り上げ、「現代のベートーベン」とまで囃された佐村河内守氏について、「私は18年間、佐村河内守のゴーストライターをしてきました」と実名で告白する人物が現れたのだ。
彼の名は新垣隆。
佐村河内氏と新垣氏は、いかなる経緯で“共犯関係”を結ぶに至ったのか。
佐村河内氏が新垣氏に渡した「構成図」とはいかなるものなのか。
そして、新垣氏は今なぜ、すべてを告白しようと思うに至ったのか。
すべての疑問に新垣氏が答える。
日本中を揺るがす大ニュースの発端となった週刊文春2014年2月13日号の記事を完全収録。

堕ちた“現代のベートーベン” 「佐村河内守事件」全真相【文春e-Books】
文藝春秋
神山典士+『週刊文春』取材班

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 堕ちた“現代のベートーベン” 「佐村河内守事件」全真相【文春e-Books】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック